福利厚生が充実していることが多い

工場での募集が多い期間工とは

自動車メーカーや自動車部品メーカーが募集することの多い期間工ですが、雇用形態は契約社員になります。工場では派遣社員として働く人も多くいますが、企業と直接の雇用契約を結ぶという点が派遣社員との大きな違い。契約期間は3か月から6か月が一般的で、連続だと最大で2年11か月まで働くことができるのが特徴です。法律上、それ以上の期間を働き続けることは許されていません。

メーカーでの募集が多い期間工なので、製品のチェックや機械の操作、部品のセットなどの業務が必然的に多くなります。また、2交替制や3交替制のシフト勤務が中心になっているのも特徴。土日祝日に仕事があるかないかは、工場によります。モクモク作業が得意でシフト勤務が苦にならない人は、期間工を視野に入れても良いでしょう。

期間工で働くメリット

新しい仕事を始めるときには不安がつきものですが、その不安を軽減してくれるのが期間限定での勤務です。とりあえず何か仕事を始めたいと考えている人は、期間工に応募しても良いでしょう。大手の企業が募集していることが多いため、給与は高い傾向にあります。また、短期間で予想以上にお金が貯まったという喜びの声があるのも、期間工として働くことの大きな魅力。交代制勤務手当や食事手当、残業手当などが支給されるほか、入社祝い金や満了慰労金などの一時金を支給する企業もあります。

未経験者歓迎での募集が多い期間工には、正社員登用制度が用意されていることもあります。仮に正社員になれなかったとしても、要件を満たしていれば、すぐに失業保険をもらえるのは大きなメリットでしょう。やりたい仕事が明確に決まっていない人は、自分探しも兼ねて経験してみるのもお勧めです。

期間社員は未経験からでも働くことができ、採用率も高いです。社員寮を完備している企業も多く、通勤しやすいことや生活費を抑えられるのもメリットです。

Back to top