契約期間に限りがある

せっかく仕事で身につけたスキルが無駄になってしまうことも

期間工は、工場勤務の経験が無い人や年齢が高い人も働きやすいものの、契約期間に限りがあるという大きなデメリットが存在します。そのため、せっかくライン作業などの仕事で身につけたスキルが契約期間の満了に伴い無駄になってしまうことがあります。また、仕事熱心で優秀な期間工であっても、勤務先の経営状態によって契約更新ができないケースも珍しくありません。そこで、一つの工場で長く期間工として勤めたい人は、過去に多数の契約更新の実績があるところや、長年にわたり業績が安定しているところを勤務先に決めるのがポイントです。また、普段から信頼できる配属先の上司に契約更新について相談したり、スキルアップのために必要なことについて教えてもらったりするのも良いでしょう。

勤続年数が長くても高齢を理由に正社員登用されないことも

期間工の正社員登用が行われている工場は各地にたくさんありますが、勤続年数が長くても採用された時の年齢が高い人は、社員登用の試験を受験できないこともあるため注意が必要です。また、自動車や部品を扱う工場においては、体力のある人材を積極的に採用するため、若手の期間工の契約更新を優先的に行っているところも多く、年齢が高くなるにつれ契約更新ができなくなるリスクもあります。そうした中、期間工の仕事を始める際は、予め最長でどのくらいの期間勤務ができるか自分で検討をしておくことが重要です。その他、将来的に正社員登用を目指したい人は、機会があれば工場で期間工から正社員になった人の体験談を参考にすることも大切です。

期間従業員とは、主に工場の生産ラインなどで一定期間に限り雇用される従業員のことです。期間こそ決まっているものの、その間はアルバイトなどの非正規雇用とは異なり、福利厚生や社会保険が適用されます。

Back to top