キャリアアップしにくい

単調な作業に従事する期間工は少なくない

期間工の仕事には、製造工程におけるライン部門などの単調な作業へ従事するケースが少なくありません。未経験であっても、時間を掛けずに仕事を覚えることが出来る反面、スキルアップを実現できない部分もあります。期間工を募集する求人広告には、決められた仕事を長期に亘って行うことを前提に募集するものも見られます。技術力向上を目指したい人には適さない部分があるのは否めないのです。

技術面の向上を得られないのと同様に、リーダーシップ力を身に付けられない側面もあります。期間工で従事している間には、チームを統率して働く機会が訪れないことも珍しくないからです。スキルアップや統率力を身に付けたいと考えて働くと期待外れに終わることも有り得るのです。

違うメーカーでは身に付けたスキルが活かせないこともある

期間工を通じて学んだスキルは、違うメーカーでは通用しないことも有り得ます。従事していた業務が、メーカー特有の生産物や工程である場合には、他のメーカーでは活用できない可能性があるのです。契約期間が満了した後に、他のメーカーで働くことになっても、一から技術面を学び直さなくてはいけなくなるのです。同じような技術を用いるメーカーであっても、勤務シフトが不規則だったり、役割分担が違っていたりすると、以前に学んだスキルを活かせないことも珍しくありません。力仕事を求める現場へ移った場合には、思うように体を動かせないこともあるでしょう。期間工に従事する際には、同一メーカーで働き続けていった方が良い部分もあるのです。

期間従業員の募集は、繁忙期でも効率よく生産を行うために大手の自動車メーカーや食品工場を中心に行われるケースが多く見られます。

Back to top