給与の水準が高め

自動車や機械類の工場は正社員と同水準で働けるところも多い

期間工は、正社員のように継続雇用される保証はないものの、採用時に年齢や学歴、経験などの条件がそれほど厳しくなく、やる気や体力があれば採用されやすいという特徴があります。また、自動車や機械類の組み立てを主に担当する工場においては、給与水準が正社員とほぼ同じになっているところもあり、安定した待遇で一定期間働き続けることが可能です。最近では、業績が良い工場を中心に、正社員との待遇の差を小さくするために期間工の基本給をアップしたり、様々な種類の手当を新しく用意したりする工場も増えています。そのため、期間工として恵まれた待遇で働きたい人は、早い時期から大手メーカーなどの工場の求人票に目を通しておきましょう。

退職金の代わりに高額の報奨金が支給される工場も増えている

期間工が活躍しているメーカーの中には、退職金の代わりに特に問題なく雇用契約の期間を満了した人を対象に高額の報奨金を支給しているところも多くあります。報奨金の金額や支給条件などは工場によってばらつきがありますが、若手の求職者をはじめとして、報奨金に魅力を感じて就職を希望する人も少なくありません。期間工の採用に積極的なメーカーにおいては、求職者に対して報奨金の支給実績を公開しているところもあるため、就職活動中にじっくりと気になる工場の事情を把握しておくと良いでしょう。その他、期間工の雇用契約の期間や日々の労働時間などによっては、報奨金の金額が少なくなったり、支給対象から外れたりすることもあるため気を付けましょう。

期間工の募集の中には好条件な内容のものがあります。派遣会社に登録して期間工の経験を積んだ人には比較的、好条件の求人が紹介されやすいと言えるので、多く稼ぐなら経験を積むのが効果的です。

Back to top