学歴や実務経験に左右されにくい

勤務開始前の研修で一通りの仕事内容を教えてもらえる

期間工の仕事は、契約期間が最長で一年から三年程度に定められていますが、学歴や実務経験に左右されずに働けるといったメリットがあります。また、勤務開始前に新規採用者を対象とした研修が行われる工場も多く、初めて工場で仕事をする人でも、ひと通りの仕事内容を丁寧に教えてもらうことが可能です。最近では、期間工の安全を確保したり、スムーズに作業に取り組めるようにしたりする目的で、集合研修だけでなく配属先での個別のサポートに力を入れている工場もあります。また、各地で求職中の若者や中高年者を対象とした期間工の就職説明会が行われる機会も増えており、面接を受ける前に工場の仕事のやりがいや面白さ、大変さなどを詳しく知ることができます。

優秀な人は経験を積んで正社員として採用されることも

多くの期間工が勤務している工場の中には、数年の勤務経験がある人を対象に正社員登用の選考を行っているところも珍しくありません。特に、数回問題なく期間工の契約を更新した人や、年齢が若い人は正社員に登用されやすい傾向が見られます。そこで、期間工から経験を積んで正社員になりたい人は、活発に社員登用を行っている工場を就職先に選ぶのはもちろん、働きながら仕事に直結する資格や免許を取ったり、リーダーとして必要な資質を身につけたりするのがおすすめです。その他、正社員登用の条件については、それぞれの企業の方針や業績、従業員数、配属先などに大きく左右されるため、将来を見据えてじっくりと職場選びをすることが大切です。

期間工の求人は、工場内での実務経験が無い人や、免許や資格を持たない人でも応募ができるものが多数あります。

Back to top